カテゴリー 22021年採択

国立大学法人 和歌山大学

対象者数 1000名 | 助成額 755万円

http://sora-edu.crea.wakayama-u.ac.jp/high_school/

Program「子どもの遊び」で終わらない、宇宙へのチャレンジ実践プログラム

 全国の高校生に、「子どもの遊び」で終わらない実践的な宇宙へのチャレンジ機会を、「宇宙甲子園」として提供。火薬を使ったモデルロケットを使用することで、技術だけではなく「安全」や「プロジェクトの意味」を学んでいく。

 「ロケット甲子園」ではロケットとしての「正確さ」(飛翔高度や飛翔時間)と「安全性」(搭載された生卵を破損させない・機体を破損させない)を競う。

 「缶サット甲子園」では「自ら設定した課題」に対し、「チームメンバーの総力を結集した解決法」にて、ロケットで運搬した「缶サット」(飛行ロボット)を駆動させ、未来を切り開くCoolなアクティビティを競う。

 従来、地域の皆さまが「安心」して、参加者が「安全」に実施できるロケットの打ち上げ実験の環境整備と指導者のネットワークは構築されておらず、このような実験ができる場所は全国的にも限られており、高校生にとっては遠方での参加をすること自体が高ハードルとなっていた。

 今回のプログラムでは各地域に実験場の整備と指導者の全国的なネットワークを構築することにより、全国の多くの高校生がチャレンジできる機会を提供していく。

ビデオアイコン
成果発表動画Presentation

一覧に戻る