カテゴリー 52021年採択

国立大学法人 東京学芸大学 

対象者数 10000名 | 助成額 4000万円

https://g-tanq.jp/

Program高等学校における授業及び教師教育モデルの開発・普及プロジェクト

 全国の高等学校に、各教科内と「総合的な探究の時間」等の教科横断の双方における「探究的な学び」を実現し、その持続・自走可能化を目指すプログラムである。1都3県教育委員会とコンソーシアムを組み、また、国立教育政策研究所の調査官・研究官、統計数理研究所、教育産業、NPO、私立学校等と協働的にアプローチしていく。 

 具体的には、第1に目指す授業イメージを共有化するための「授業ビデオ」を作成する。

 第2に、教材開発・検討、授業案作成・検討、授業実践(授業研究)、省察の4フェーズから成る授業研究型ワークショップを企画し、実践する。

 第3に、これらのワークショップにおいて得られた知見を基に、ワークショップで活用できる教師教育用教材を作成する。この作成過程における教員等との協働を通してワークショップリーダーの育成も図り、「探究的な学びの実践コミュニティー」の創出・拡大につなげていくことが本プログラムの最大の特徴である。

 第4に、これらの成果を基に、教職大学院における授業科目や免許更新講習科目として、「探究」の基盤となるデータサイエンスに関わる科目や、探究的な学びのデザインや指導に関する科目を開発する。

ビデオアイコン
成果発表動画Presentation

一覧に戻る