カテゴリー 12022年採択

北海道岩見沢東高等学校

対象者数 400名 | 助成額 200万円

http://www.iwamizawahigashi.hokkaido-c.ed.jp/

Program「潜在能力(Capabilityケイパビリティ)を掘り起こす」プログラム
~井の中の蛙、大海に飛び出そう!!

 本校は今年100周年を迎える伝統校であり、北海道民からは“GANTO(岩東、がんとう)”の愛称で呼ばれ、これまで地域はもとより国内外で活躍する優れた人材を多く輩出してきた。しかし地域の過疎化に加え、札幌圏に隣接した地域故、札幌の高校への生徒の流出が顕著となり、本校に進学する生徒の質も変わってきた。勉強に部活動に地域に世界に飛び出していた“自信にあふれたGANTO生(岩東生、がんとうせい)”は、もはや過去のものとなり、与えられることを待ち、与えられたことをこなすことで満足する、“井の中の蛙的なGANTO生”となった。

 そのような“GANTO生”の、心のエンジン駆動に必要なリソースは、「総合的な探究の時間」を軸とした教育活動により充填される「自信」である。北海道、特に本校が位置する空知地域におけるGANTOへの期待は、スクールミッションでもある「我が国や国際社会の問題や課題を発見・解決し、新たな価値を創造できる生徒の育成」である。本プログラムは、“井の中の蛙的なGANTO生”が本来持っている、「潜在能力(Capabilityケイパビリティ)を掘り起こす」ことで「自信」を持たせることを狙いとした「総合的な探究の時間」を軸にした教育プログラムである。

一覧に戻る