カテゴリー 12022年採択

徳島県立城西高等学校神山校

対象者数 90名 | 助成額 100万円

https://joseikamiyama-hs.tokushima-ec.ed.jp

Program循環型農業の実践を通した探究型学習プログラム

 本校は、「地域で学び、地域と育つ神山校」をコンセプトに、学校設定科目“神山創造学”を核に、地域住民から借り受けている耕作放棄地の「まめのくぼ」を活動フィールドの中心にプログラムを展開する。

1年生でフィールドワーク等を通して“伝える力”、2年生ではチームプロジェクトや専門コース別の実習を通して“協働する力”を、3年生ではテーマを設定し探究的な活動を行って“深める力”を育んでいきたい。

 

【目標】

1.専門性を生かした地域生産・交流拠点の実現

2.人・自然の安全に配慮した持続可能な循環型農業を実践

3.多様な発表機会の確保と探求手法の確立

 

【活動内容】

・ 里山の景観保全と整備:石積みに関する技術を身に付け、棚田を整備し、農地活用の拡充を図る。

・ 神山小麦やソバの栽培技術の確立と商品開発:神山町の気候や環境に適応した在来種の栽培マニュアルを作成し、地域へ伝承する。

・ シードバンクの確立:70年以上神山町で受け継がれてきた在来種の神山小麦の種を継承する。

・ どんぐりプロジェクト:神山町の種子や挿し木で苗を育て、地域性種苗の生産拠点と環境緑化を整備する。

・ 循環型農業の実践:安全安心な農産物の生産体制を構築し、有機JASの認証を受ける。

一覧に戻る