カテゴリー 12022年採択

香川県立高松高等学校

対象者数 700名 | 助成額 200万円

https://www.kagawa-edu.jp/takah02/

Program杉原千畝・幸子氏から広がる人道の輪
~高校生同士の交流が世界へと繋がる~

 本校は杉原千畝氏の妻幸子氏の母校である。命のビザで有名になった杉原千畝氏は第2次世界大戦中にナチスドイツから迫害を受けたユダヤ人避難民を多数救ったことで知られている。しかしその業績は妻幸子氏の支えなしには成し遂げられなかった。

 自らの命の犠牲もいとわず、目の前の困難な状況下の人たちに手を差し伸べ、命を救うことを最優先とした勇気ある二人の行動。当時の状況を今一度振り返り、改めて人として本来進むべき道、国際平和とは何か、真の民族融和などについて現代の高校生が身近なこととして考え、議論し、そして周囲へと発信していく。校内での啓発活動を通して、本校はもちろんのこと近隣の高校にも人道の輪を広げていく。

 そして2023年は幸子氏の生誕110周年である。千畝氏の母校である愛知県立瑞陵高校と積極的な交流を行い、愛知と香川の高校生同士の交流を深めていくことを計画している。そして杉原夫妻の孫まどか氏を講演に招くと同時に、その後イスラエル大使館へ表敬訪問し、高校生の視野を世界へと広げていく。3年後にはイスラエルを直接訪問することによって現地の高校生と触れ合い、交流し、人道の輪を世界に広げていくことも視野にプログラムを進めていきたい。これらの取り組みの中核を担う存在として情報発信源となっていく。

一覧に戻る