カテゴリー 12022年採択

愛媛県立松山東高等学校

対象者数 720名 | 助成額 200万円

https://matsuyamahigashi-h.esnet.ed.jp/

Program東高 がんばっていきましょい
-グローカルな学びの継承-

 本校は、文部科学省指定のSGH事業・地域協働事業において、総合的な探究の時間で行う課題研究等を通して、グローバルな視点を身に付け、地域課題の解決に貢献できるグローカル人材の育成に努めてきた。新学習指導要領の教育課程では、総合的な探究の時間として学校設定教科「総合」を設け、学校設定教科「明教探究基礎」(2単位)等で、地域人材を活用した課題研究を実施する。

 具体的には、1年では地域課題の発見や松山や愛媛の歴史の研究、愛媛の海外進出企業の取り組みなどをテーマに、担当教員と産官学との連携を図り、年間を通して課題研究を行うことで、グローバルな視点から地域課題を解決する素地を育成する。

 2年では、専門コースを設定し、専門の講師の指導を受け、各講座少人数で専門的分野の課題研究に取り組む。コンテストや大会にも応募し、全国に通用する表現力や情報発信能力の育成を目指す。

 また、「East CLIL(内容言語統合型学習)」という英語と他教科が連携した学習や、海外フィールドワークなどの交流活動も計画しており、グローバルな視点で、地域課題の解決に向けて主体的に活動する地域リーダーとしての資質・能力を備えた人材の育成を目指す。

一覧に戻る