カテゴリー 12022年採択

鹿児島県立大島高等学校

対象者数 400名 | 助成額 200万円

http://oshima.edu.pref.kagoshima.jp/

Program奄美から日本へ、奄美から世界へ
~奄美の高校生による課題研究発表会~

 自然豊かな奄美群島に住む高校生の多くは、島の自然や人の温かみを大切に思い、奄美群島が持続可能な発展を続けていくために必要なことを常に考え「総合的な探究の時間」に取り組んでいる。しかしお互いの研究を発表し合い、意見を交換する場が設定できていないため、取り組んできた研究を関係者に聞いてもらったり、新たな仲間の輪を広げる機会がほとんどない。

 そこで「奄美群島内課題研究発表会」を開催し、課題研究に取り組んでいる群島内の高校生が一堂に会し(コロナ禍で集まることが難しければオンライン開催)、課題研究を発表する。大学教授や大学院生、それぞれの分野に精通した専門家を評価者として招き、研究をブラッシュアップするための指導助言を頂く。また、高校生が気軽に意見交換できる場を設定し、今奄美大島について考えていることや進路について話すことで、奄美大島の未来を考える仲間づくりを行う。

 離島に住む高校生にとっての「総合的な探究の時間」における問題点は、①大学等との連携が難しいこと、②発表する機会が限られていることである。本発表会や仲間づくりを通して、世界自然遺産に登録された奄美大島に住む高校生が、奄美の抱える課題のみならず、日本や世界に目を向けて、将来を担う人材になってほしいと強く願う。

一覧に戻る