カテゴリー 42021年採択

国立大学法人 大阪大学

対象者数 3400名 | 助成額 800万円

https://www.celas.osaka-u.ac.jp/education/gakumon/

Program「対話」で開く「学問への扉」
~少人数セミナー型初年次導入科目の挑戦~

 大阪大学では、2019年度より1年生(約3,400人)を対象とした必修科目として少人数セミナー型初年次導入科目「学問への扉」を実施しており、250コマ程度の授業を開講している。

 大阪大学に所属する一流の研究者が1年生を対象に教養教育として学問の面白さを伝える授業で、授業担当教員の専門分野や研究に基づいた、人文科学・社会科学・自然科学を網羅した多様な授業を提供できることが特徴である。

 「学問への扉」は、(1)高校までの受動的で知識蓄積型の学びから主体的で創造的な学びへの転換、(2)異分野の学生らと興味ある内容を学ぶ中で、異なったものの見方や課題解決の道筋の意識、(3)アカデミック・スキルズの学習、の3点を目的として、アクティブ・ラーニングの手法を取り入れて実践されている。学生には自身の専門分野、理系、文系にこだわらず、授業を選択することを推奨しており、一つの授業をいろいろな学部の学生が受講することによって、授業で与えられる同じ課題に対して多様な考え方、解決方法があることを知ることができる。

ビデオアイコン
成果発表動画Presentation

その他の取り組み

一覧に戻る